家庭でできる幼児教育

言葉、特に語彙力は成人してからの仕事上でも、相手先との信頼関係の構築、ひいては収入アップにまで影響してくるといわれています。 近年、大人向けの語彙力を増やすための書籍が多く発刊されているもの、こういった需要からです。 子供のころから読み聞かせを利用することで語彙力を高めることが可能です。

自然と机に向かう習慣をつける

お絵描きを始めたら自然とテーブルの上などで描くようになります。 その延長で一日に一定の時間机に向かう習慣をつけていきます。 無理なくできるようになると、就学後も宿題など、「やらなくてはならないこと」がある場合、自分から机に向かって行える様、準備を心掛けましょう。

遊びを通して様々な感覚を身に着ける

まだまだ遊びたい盛りのお子さんですので、遊びの中に学びや経験を積めるような工夫をしてあげることで、いろいろな能力の習得に役立てることができます。 いっぱい遊んだから今度は机に向かって文字の練習をしようね、といった感じでメリハリをつけて、無理なく行わせるようにしてみましょう。

読み聞かせは言葉の発達、想像力の強化に効果的です

お子さんは幼稚園や学校に通うことで、勉強したり、友達とコミュニケーションとったり、様々なことを経験していきます。
その前段階で、それらのことの基礎的な力をつけておくことが、実際、幼稚園や学校でのお子さんの成長を飛躍的に向上させることが分かっています。
より良い人生を送ってもらえるよう、レベルの高い学校へ進んでもらいたいということから、幼稚園からお受験をさせているご家庭もあります。
そのために幼児教室や英会話教室、体力づくりのための水泳教室など、多くの習い事をさせていらっしゃるご家庭も多い様です。

しかし、これだけの習い事をさせるとなると、家計的な部分での負担も少なくありません。
また、お子さんが進んで通っているのならば高い効果が期待できると思いますが、もし、イヤイヤ通っているような状態であると、せっかく家計をやりくりしてお教室に通わせても、思った効果が出なかったり、お子さん自体がストレスを抱えてしまったりと、良い結果を生まない場合もあります。
親御さんから離れてお教室に行くことが不安で、集中できないということも理由として挙げられます。

ご家庭内で、ご両親が先生となって、お子さんのペースに合わせた幼児教育を行っていくという方法もあります。
家族内でのコミュニケーションを多くすることで、安心した環境で行うことで、かえってお子さんの興味の範囲が広がり、かえって良い結果を生むこともあります。

実際どの様なことが家庭内で行えるのでしょうか。